人間関係と性格の問題

賛否両論



多くの職場では、人間関係の悪化で、精神的に病んで
しまったり会社に行けなくなってしまったりというケースが
珍しくなく、自己都合による退職者のほとんどが、職場の
人間との折り合いが悪いのを退職理由に挙げていると言っても、
過言ではないでしょう。



人間関係の構築と性格の問題には関連性が
あるのかというと 賛否両論で、あまり関係ないと
言う人もいれば、多少なりとも関係していると
意見する人もいます。



職場だけに限らず、人間関係というのは
友達付き合いでも、社会生活を送る上でも
切り離せないものですが、対人とのトラブルを
起こしやすい人に共通して言えるのは、
自己否定型の性格の人が多いということです。



自己 否定型の性格、つまり、自分が嫌い、
自分に自信がないという深層心理が常にある人のことです。



そういった自分に対して否定的な感情を持っている人は、
人に対しても攻撃的な言動に出てしまいがちで、
おのずと人間関係でも摩擦が生じてきます。



性格とは、自分の意思で
いくらでも変えていけるものです。



他人の性格 を変えることは難しいですが、 自分の性格を
変えることは可能なので、人間関係にストレスを感じやすい人は、
まずは自分を肯定的に捉えるところから始めてみてはいかがでしょうか。



人間関係が苦手なあなたへ
自然に人に好かれるこの4つの話題を試してみて!

このページの先頭へ

SSL