人間関係の悩みを相談するときのポイント

適切な人に相談する


社会人として、人間関係に関する悩み
というものは誰もが抱えている問題かと思います。



そういった時に人間関係の悩みを相談するときの
ポイントというものをおさえておいてください。


まず、入社してすぐや1年・2年未満である
という場合には、「悩みがあるか?」「問題があるか?」
ということを質問してくる他部署の管理職の人には
注意してください。



100人以上の採用を行っているような
企業では少ないでしょうが、中規模の企業となると、
上から、新入社員や転職者に対して、 会社に対する印象や、
不満といったことの聞き取りを指示されていることがあり、
必要以上に気をつかってくる先輩には注意が必要です。



特に人間関係の悩みとなると、相談する人を
選ばなければ、 会社そのものに居づらくなる
ということも少なくありません。



人間関係の悩みを相談するポイントとしては、
「適切な人に相談する」産業カウンセラーといった人が
いる職場ではそういった人に相談するのが適切でしょう。



それが無理であるならば、直接の上司に
相談するということが必要です。



他部署の人に相談すると、やはり会社である以上
角がたつことも多く、必ず黙っていてもらえる
という確証がない場合には上司に相談する
ということがポイントです。



なお上司との人間関係の悩みがあるといった場合には、
直接本人に相談するということがやはり必要であり、
ある程度の叱責される覚悟を持ってのぞんでください。



本人からすると別の人ではなく本人に相談した
という誠意は普通の人であるならば理解する
でしょうから、今後の人間関係の改善に役立ちます。



人間関係が苦手なあなたへ
自然に人に好かれるこの4つの話題を試してみて!

このページの先頭へ

SSL